装う

こころとからだを解放する、心地よい装い。
そして、服を着る人が主役であるような、本質的で美しいスタイル。
イマジネーションは、世界の美しい手仕事から。
ジッと見つめてしまうような繊細な刺繍や光に映える美しい色の染め、
風をまとうような軽やかな着心地の織り。
まるで旅をしたときに感じる贅沢で豊かな時間。
ハウス オブ ロータスは、そうした時間を身に纏うような装いをつくります。

装う
© Yoshihiko Ueda

2017春夏コレクション