2019-03-29

カディコットン

handwork_img_1.jpg
手で紡いだ木綿の糸を手織りした布。インド独立運動の際に、ガンジーが「自分たちで糸を紡いで織った布の服を着る」ことを伝え歩き、「カディ」はインドの人々にとって大切なシンボルになりました。


伝統的なチャルカー(糸車)を回し、糸を紡ぎます。


そのあと、長い年月をかけ、手機(てばた)で一枚一枚製織していきます。


機械織りとは異なる、ところどころに糸のムラがある、ふわっと空気を含んだ風合いに仕上がります。柔らかくシワになりにくいので、旅先にもおすすめです。