2020-04-21

ボタニカル ダイ

handwork_img_10.jpg

草木本来の色素を染み込ませた、化学染料を一切使用しない、シンプルな自然染めです。植物の色素を布に写しとるという技法は、日本の染色の「たたき染め」にも似ています。平面に置いた布の上に、植物の花びらや葉を敷きつめ、しっかりたたみ、適温の湯に浸し染めつけていきます。







インドの寺院でお祈りのときによく使われるマリーゴールドやローズの花びら、庭先でよく目にするような植物の生葉の色や形をそのまま布地にとりこんだ、オーガニックな雰囲気が魅力です。

Process - 工程
1)生地に生花の花びらや葉を敷きつめます。



2)そのまま長方形に折りたたんで、筒状に丸めて紐で縛ります。





3)小包のように小さく、小さくしてからお湯に浸します。





4)花びらの色が写ったら、花びらを集め、流水ですすぎ、吊り下げて乾燥させます。



自然界からの贈り物として、植物本来の葉っぱの輪郭や葉脈がありのまま映し出された機械では表現できないデザインが特徴です。またプリントではないので、同じ柄は一つとない、一点ものとなります。