2020-04-21

バンダニ

handwork_img_11.jpg

「バンダニ」とは“括る”という意味。布の一部をすくい取り、ひとつひとつ糸で括って、そこに染液が染み込まないようにすることで文様を表す「絞り染め」です。日本にも絞り染めの技法がありますが、インドの絞り染めはインダス文明まで遡る、世界でも最も古い染織技法といわれています。



主に西インドのクジャラート州や、その隣の北インドのラジャスターン州が生産地として知られます。かつては、藩主であるマハラジャに仕えたラージプート族が頭に巻くカラフルなターバンにもバンダニが見られました。砂漠から続く黄土色の乾いた土地に暮らす女性たちの色鮮やかなサリーやショールをはじめ、日常着のアイテムや現代版の民族衣装にも幅広く取り入れられています。

Process - 工程
1)布に模様を下書きします。

2)デザインに沿って、布の一部をすくい取り、糸でひとつひとつ括っていきます。色を残したい部分は、染料が侵入してこないように、強く括ります。







3)染料に浸し、染色したあとに、流水ですすぎ、吊り下げて乾燥させます。

4)糸を解くと、柄が浮かび上がります。