• オフィシャルサイト リニューアルオープン!
menu

ABOUT

ハウス オブ ロータスは、桐島かれんのさまざまな国や文化を巡り培ってきた美意識や哲学を
「装う」「暮らす」「もてなす」の切り口で表現していくライフクラフトブランドです。
コンセプトは「Happiness of Life」。
日々の暮らしに「感動」や「よろこび」を感じていただけるような場所でありたいと考えています。

  • img

    よそおうこころとからだを解放する、心地よい装い。
    そして、服を着る人が主役であるような、本質的で美しいスタイル。
    イマジネーションは、世界の美しい手仕事から。
    ジッと見つめてしまうような繊細な刺繍や光に映える美しい色の染め、
    風をまとうような軽やかな着心地の織り。
    まるで旅をしたときに感じる贅沢で豊かな時間。
    ハウス オブ ロータスは、そうした時間を身に纏うような装いをつくります。

  • img

    くらす暮らしに花を添えること。ときめきを見つけること。
    遊び心を忘れないこと。
    大切なのは、日々の喜びや楽しみをただ待つのではなく、
    何気ないことに“好き”を見いだすような、
    人生の新たな冒険へと踏み出すきっかけ。
    あせらず、でも大胆に、ちょっとの優雅さと共に。
    ハウス オブ ロータスは、そんな風に暮らしを楽しめるものやことを提供していきます。

  • img

    初夏の庭でスパニッシュランチパーティ さわやかな風が気持ちのよい季節になりました。海外へ気ままに旅することができなくなって1年以上が経ちますが、きっと今ごろ、ヨーロッパも素晴らしい季節にちがいありません。懐かしい旅を思い出して、東京に緊急事態宣言が出される前の休日、我が家の庭で、友人たちとスペイン&バスク風の気軽なランチパーティを楽しみました。

  • img

    私のガーデニング事始め 庭づくりを楽しむ春 新しい家に引っ越してから、室内の観葉植物の世話だけでなく、屋外のガーデニングもはじめました。 家の周りに植栽のスペースがあり、去年の冬、春に咲く花の球根を植えたのがはじまりです。

  • img

    家の中を緑でいっぱいに! 観葉植物の世話をする楽しみ 去年、引越しをして、さらには、ステイホームの時間が長くなったこともあり、今、私のいちばんの楽しみは、観葉植物の世話をすることです。気がつけば、前の家から持ってきた植物も含めて100鉢以上にも増えました。 植物を育てるのが得意な人は「緑の親指」と言われますが、私の場合は、子育てやペットの世話も同じで、根っからの“世話好き”なのです。観葉植物の世話をしている時間は、気持ちが充実しています。 20代でひとり暮らしを始めてから、観葉植物はいつも家の中にありました。でも、それはあくまで、インテリアのアクセントとして。ですから、名前も知らず、正しい育て方もわからず、なんとなく、感覚で育ててきた気がします。

  • img

    #9 バスクチーズケーキ ?材料5つでとびきりの美味しさ!? How to Make Basque Cheesecakeお料理は好きだけれど、お菓子とパンづくりはちょっと苦手な私が今回は たった5つの材料で作る、簡単、そして絶品なバスクチーズケーキの作り方をご紹介します

  • img

    #8 観葉植物と暮らす?私の「ホヤ」コレクション?My Hoya Collection大好きな観葉植物の中でも、私の大のお気に入り「ホヤ」
    肉厚で模様の美しい葉を持つホヤは不思議な形の花を楽しむこともできるとっても魅惑的な観葉植物です

    私の「ホヤ」コレクションを紹介しながら特徴と魅力をお伝えします

  • img

    #7 春そのものを飾るチューリップ How to Arrange Tulipsチューリップは待ちに待った春の訪れを教えてくれる花
    単色のシンプルな生け方と色とりどりのチューリップを使ったカラフルなアレンジメントをお見せします