2019-08-15

青山店・二子玉川店・日本橋店にて開催「東欧蚤の市」

news_img_231.jpg



青山店二子玉川店日本橋店では8月21日(水)~9月16日(月)の期間に、「東欧蚤の市」を開催します。

今回は3店舗毎に異なる方にセレクトしていただいた東欧・中欧のヴィンテージ雑貨を展開。青山店は〈Robin's Patch(ロビンスパッチ)〉、二子玉川店は〈井沢りみ〉さん、 日本橋店は〈KOLBENOVA(コルベノヴァ)〉による、チェコやハンガリー、ポーランドなどの蚤の市で出会った刺繍布や、人形、置物や陶器など…。レトロな雰囲気が愛着の湧く、とっておきのアイテムです。

なお、本イベントの商品を5,000円(税込)以上お買い上げの方に、ハンガリーから届いた手仕事の温かみ溢れる、カラフルな絵付けのウッドケースをプレゼント。(数に限りがございますので、なくなり次第終了となります。)

ぜひ、この機会にご来店ください。

青山店
♢〈Robin's Patch(ロビンスパッチ)〉
愛知県・名古屋の海外雑貨店〈Robin's Patch(ロビンスパッチ)〉。店主である金田恭史さんと純子さんがチェコやドイツなどを旅した際に、東欧の古いものに魅せられ、「他にはない面白いものを置くお店を開きたい」という想いのもと、2006年より〈Robin's Patch(ロビンスパッチ)〉をスタート。少しヘンテコなもの…自分たちが心に留まったものなど…個性豊かな、古き良き魅力に溢れるアイテムを現地にて買い付けています。
〈Robin's Patch(ロビンスパッチ)〉のHPはこちら
〈Robin's Patch(ロビンスパッチ)〉のインスタグラムはこちら

二子玉川店
♢〈井沢りみ〉
ハンガリーの首都ブタペストで3年半暮らした際に、ハンガリー全土の刺しゅうを教えるカロチャ出身のJenei Anikó(イェネイ・アニコー)先生に師事する。帰国後は刺繍作家として作品制作やワークショップなどに従事(ヴォーグ学園、池袋コミュニティ・カレッジなど)。著書に『ハンガリーの刺繍』(誠文堂新光社)、共著に『彩る 装う花刺繍』(日本文芸社)があり、今回は刺しゅう作家として活動する傍ら、井沢さんが東欧各地で集めてきた陶器や、ドイリー、テーブルクロス、クッションカバーなど、どこか懐かしく、温かみのある品々を特別に展開。
井沢りみさんのHPはこちら
井沢りみさんのインスタグラムはこちら

日本橋店
♢〈KOLBENOVA(コルベノヴァ)〉
ドイツやチェコ、ハンガリーなどの中欧・東欧などを中心に旅をしながら、時代を超えて残るヴィンテージ やブロカントを展開するブランド〈KOLBENOVA(コルベノヴァ)〉。異国の地で親しまれた、作り手の想いやルーツを大切にしたテキスタイルや陶器、アートや人形など…。その土地の習慣や手仕事が色濃く映るアイテムを集めた「旅の蚤の市」を不定期で開催しています。
〈KOLBENOVA(コルベノヴァ)〉さんのHPはこちら
〈KOLBENOVA(コルベノヴァ)〉さんのインスタグラムはこちら